自分の「体の声」、聞いてますか?(漢方の考え方)

漢方相談の中でお願いしているのは、「自分の体の声を聞く」ことです。

 

元気な時は、少々の体の変化等は気に留めないものですが、漢方では「小さな」ことが体調の変化を表していると考えます。

たとえば、体調が悪化していく時のサインとして、

「のどがつまる。胸がつかえる」のは、ストレスが溜まっている証拠。

「喉が乾くのに、飲みたくない」のは、血流が悪いのかもしれません。

「寝汗」は、だいぶ気力が衰えてるSOSかも。

逆に、ちょっとした変化が、回復に向かってるサインになることもあります。

当店では、サインの有無を見て、体の傾向を分析してお伝えしています。

今後の予防もしやすくなるので、自分の体の傾向を把握していただきたいと思っています。

 

漢方と言うのは、そういう「体の声」を聞き、不足を補い、「気・血・水」の循環を促して治していく治療法です。

だから、ご自分の今の体の状態を捉えようと、変化に注意する患者さんは、

治られるのが早いように思います。

健康は、自分の体の声を聞くことから。

お手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

 

漢方薬局 ユクル    (YUCURU)

 三重県伊勢市辻久留町

   537-3

℡&fax 0596-67-7448

営業時間

10:00~18:00

休憩13:00~14:00

定休日:水曜日

    日曜日、休祝日

    第二土曜日

 

メール 

yucuru@amigo.ne.jp 

薬局日記 目次