冷え性:タイプ別漢方処方

12月いよいよ寒さが厳しくなって来て、冷え性の相談が増えています。

最近は、男性の冷え性の相談も多いです。

漢方では主に3つの内因に分けて、処方を考えます。

・体を温める「気」の不足(陽虚)

  冷えの部位は、背中、お腹、手足、首筋

・水の代謝の悪さ(水滞)

  冷えの部位は、腰から膝まで

・血流が悪く末端が冷える(血虚と瘀血)

  冷えの部位は、手足

同じ冷えでも、原因や部位で処方が変わるのが、漢方です。

 

最近多いのは、神経症を伴った「冷え性」です。

 

このタイプの方は、自律神経失調で「冷え性」が起こり、その「冷え」というストレスで、神経症が悪化するという悪循環がおきているようです。

まずバランスのとれた食事、タンパク質、ビタミンをしっかり摂ることで「血」を造ること。呼吸法で代謝をあげ、「気」の滞りをとることも大事です。

「冷え症」は時間がかかりますが、「冷え」が原因で起こっている不定愁訴も治るので、他の体調が良くなり生活の質が上がります。

「しょうがない」とあきらめないで、「冷え」からの卒業、ご相談ください。

 

 

 

漢方薬局 ユクル    (YUCURU)

 三重県伊勢市辻久留町

   537-3

℡&fax 0596-67-7448

営業時間

10:00~18:00

休憩13:00~14:00

定休日:水曜日

    日曜日、休祝日

    第二土曜日

 

メール 

yucuru@amigo.ne.jp 

薬局日記 目次