漢方薬 第2類医薬品

2014年

1月

27日

風邪:ステージ別、症状別の漢方処方

(漢方の勉強会から)

漢方は、風邪にかかってからの時間や症状によって処方が違います。市販の総合風薬は、頭痛、熱、鼻水などすべての症状についての薬が入っているのでオールマイティーですが、当薬局では、適切な時期に症状にあった漢方をご紹介しています。

以下を参考にご相談ください。

 

寒気があり胃腸症状(-)→汗が出ていない。

 さらにだるさが強く、横になりたがる、脈が沈んでいる。

                       

胃腸症状はなくて、 汗が出ている。(首筋やわきの下が湿っている程度でも、汗が出ていると考えます。)

 

胃腸症状(+)      → 頭痛などがある

(食欲不振、下痢など)  → 口が苦い、咳、ふらつき 

               寒気がしたり、暑がったり

などが基本です。

 

さらに、症状によって、漢方を足したり、同じ系統の薬を選ぶ場合もあります。

  

 

 

2012年

12月

08日

冷え性:タイプ別漢方処方

12月いよいよ寒さが厳しくなって来て、冷え性の相談が増えています。

最近は、男性の冷え性の相談も多いです。

漢方では主に3つの内因に分けて、処方を考えます。

・体を温める「気」の不足(陽虚)

  冷えの部位は、背中、お腹、手足、首筋

・水の代謝の悪さ(水滞)

  冷えの部位は、腰から膝まで

・血流が悪く末端が冷える(血虚と瘀血)

  冷えの部位は、手足

同じ冷えでも、原因や部位で処方が変わるのが、漢方です。

 

最近多いのは、神経症を伴った「冷え性」です。

 

このタイプの方は、自律神経失調で「冷え性」が起こり、その「冷え」というストレスで、神経症が悪化するという悪循環がおきているようです。

まずバランスのとれた食事、タンパク質、ビタミンをしっかり摂ることで「血」を造ること。呼吸法で代謝をあげ、「気」の滞りをとることも大事です。

「冷え症」は時間がかかりますが、「冷え」が原因で起こっている不定愁訴も治るので、他の体調が良くなり生活の質が上がります。

「しょうがない」とあきらめないで、「冷え」からの卒業、ご相談ください。

 

 

 

2012年

8月

30日

胃腸(脾虚)の漢方薬も「証」でいろいろです。

・胃が冷えて痛むと言う方

・神経性の胃炎でのどのつまり感などがある。

・神経性でも、冷えがつよい。

・胃のところが固く感じたり、げっぷや口内炎ができやすい方や、軟便になりがちな方。(これは、ストレスを胃で受け止めて、胃の調子が悪くなる方の薬です。)

・元気だけど、食後の膨満感やガスを感じる方。

・食欲がなくて、胃がチャポチャポする方。

 

それ以外の症状も考慮して、紹介しています。

数日ですっきりしてくると合っている証拠。そして胃が治れば、寝付きがよくなったり、肌の状態が良くなったり、免疫量があがり、ストレスにも強くなります。

 

長生きの方は、ほとんどの方が胃腸が丈夫で、80代でも90代でも、しっかりお肉を召し上がるようです。「脾(漢方で消化システム全体を指す言葉)」を大事にして、元気で寿命を全うしたいものです。調子が悪い時は漢方で補ってください。

 

漢方薬局 ユクル    (YUCURU)

 三重県伊勢市辻久留町

   537-3

℡&fax 0596-67-7448

営業時間

10:00~18:00

休憩13:00~14:00

定休日:水曜日

    日曜日、休祝日

    第二土曜日

 

メール 

yucuru@amigo.ne.jp 

薬局日記 目次